TOP > 農園紹介 > 開園にあたり

開園にあたり

1988年10月 沖縄市久保田にて病院経営者でもある真栄城兼信さん、真知子さん夫妻が、沖縄県国頭郡大宜味村にサンチャイルド津山農園を開園しました。

妻の真知子さんはマンゴー栽培一筋。やんばるの森から湧き出るミネラルたっぷりの豊かな水と、沖縄の燦々と照りつくす太陽のもと、品質第一に美味しい味を追求し栽培を続けていました。

減農薬はもちろん、安全かつ安心できる商品をお届けするため、独自のぼかし肥料にて有機栽培として土づくりに英知を注いでこられました。しかし、真知子さんは病のため他界されました。

マンゴーづくりへの情熱とその技術を継承するため、縁あって私たちが引き継ぎ、2010年に復活。真栄城夫妻のお人柄とこだわりの栽培方法によって、多くのお客様に愛された当園のマンゴー、第二幕の開演(開園) 進化中です。

 

農業経営改善計画認定

サンチャイルド津山農園を経営する真和物産株式会社は、大宜味村から「農業経営改善計画」を認定されました。

 

 

 

 

 


 

エコファーマー認定

沖縄県エコファーマーに認定されました。エコファーマーとは、平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者(認定農業者)の愛称名です。